くらぶち英語村

Winter Course 1日目 箸作りをしよう

更新日:2018年12月27日

今日から冬休みの短期コースが始まりました。4日間英語に触れながら自然・文化体験をします。今回のウィンターコースはどんな楽しみが待っているかな?高崎駅から英語村へLet`s go!!!

 

くらぶち英語村までの道のりを2キロ歩きます。寒いくらぶちの冬、太陽がポカポカ暖かく感じられます。途中落ちている木の実や草花に興味深々の子どもたち。途中地域の方との触れ合いもあり、和気あいあいとした雰囲気で英語村へ向かいます。

 

落ち葉の下には何が落ちているかな?葉っぱをガサガサしてみると、沢山の栗が落ちていました。

食べられるのかな?よく見ると穴が開いているよ!きっと虫さんが食べたんだね!そんな小さな発見もみんなで共有していました。

1時過ぎに英語村に到着して、最初のミーティングではリーダーのアミリアが英語村でのルールを説明してくれました。ジェスチャーを交えて、入って良い場所や悪い場所、トイレの使い方などを話しています。子ども達は普段聞きなれない英語を懸命に理解しようとしていました。

 

ミーティングの後はお昼ご飯。みんな早起きしてやっとのこと英語村に着いたので、おなかペコペコです。自分たちで盛り付けと配膳をして頂きます!ほとんどの子どもたちがおかわりをしました。ご馳走様でした!

今日の後片付けの担当はチームレッド!お皿洗いと床の掃き掃除をします。いつもお家で手伝っているよ!と慣れた手つきでお皿を洗う二人にネイティブ・スタッフは驚いていました。Thank you very much!!

お昼ご飯のあとは今日のメインの活動の竹箸作りが始まります。4日間過ごす仲間と1本の竹から切り出したお箸を使ってご飯を食べます。毎日使う大切な道具になることを説明すると、子どもたちの目つきも真剣になりました。のこぎりとナイフを使って作業を開始します。気を付けて削っていこう!

のこぎりとナイフの使い方の説明を聞いて、自分でやってみるけど最初はなかなか上手く刃が竹を滑りません。何度もトライしているうちに慣れてきて、綺麗な箸が出来てきました。

出来上がったお箸に自分の名前とチームカラーを塗りました。今日のご飯のメニューは何かな?!自分たちで作ったお箸でごはんを食べるのが楽しみ!!と子どもたちは喜んでいる様子、これからもどんどん自分でモノ作りをしてみてね!

あっという間に日が暮れてごはんの時間です。今日の夜ご飯がお箸を使うメニューかどうかが気になるところです。ご飯に味噌汁、メインは生姜焼き!作りたてのお箸でホカホカのご飯を頂きます。ご飯も野菜も地元くらぶちで採れたものです。良く噛んで味わってね!

ごはんをしっかりと食べて、自分たちの使った場所を掃除します。今日1日あっという間だったけど、振り返ったら沢山のことをしたね。明日はどんな活動をするのかな?掃除中もワクワクする話をしていました。

ベッドで寝る子も多いので、布団の敷き方をおさらいしました。これから4日間自分たちで布団の上げ下げをします。これもとても良い体験です。最後はネイティブスタッフの楽しいベッドタイムストーリーの時間。朝から晩まで英語に囲まれた生活、良く頑張りました。明日は榛名山を登ります。ゆっくり休んで明日の活動に備えよう!Good night!!

ページの先頭へ