くらぶち英語村

Step back in time 博物館見学

更新日:2020年02月23日

この週末はゆっくり3連休。中日の日曜日、今日は、英検の面接試験があります。Some children had Eiken Interviews. Tension was in the air.

英検のインタビューがある子が試験会場へ。ほかの子たちは、かみつけの里博物館へ。ここは、榛名山が噴火したときに、火山灰に覆われてしまった遺跡や古墳について学べるそう。We all went to Kamitsukeno Sato. We learned about the Kofun (tombs) and how they were affected by things such as the eruption of Mt. Haruna.

We ate lunch at the pavilion. The wind was so strong, it was a challenge to eat without our boxed lunches flying away! 

隣接している公園でお昼ごはんを食べましたが、今日は風がとても強い日でした。

砂が飛んできて目があけられないほど。これが群馬の空っ風かな。お弁当を食べるのも一苦労。

 

さぁ、お昼のあとは、博物館と古墳の見学です。今回は学芸員さんにお願いし、いろんな話を聞きました。

この辺りは、かつてからお米作りがさかんだったそう。でも広がる田んぼのひとつひとつは畳2枚分と小さかったんだとか。興味のある子が「なんでかな?」と質問すると、学芸員さんたちは、「きっと昔は大きな道具や機械がなかったからだよ。この辺りの水は湧き水だったから、田んぼの水が早くあったまって稲が育つようにかな。」色々教えてくれました。

After lunch, we entered the museum and a curator taught us about the history and geography surrounding the Kofun.

館内見学のあとは古墳と埴輪の見学。

古墳の中には1500年前の石棺がありました。古墳も再現したものと当時からの物がありました。時を超えて今目の前にあるものに、みんな興味津々。

This tomb is over 1500 years old! We could feel the deep history in the air.

ここの古墳の特徴のひとつに、中島というものがあるそう。この中島で儀式をしていたんだとか。

KEV kids performing their very own ritual on one of the nakajima circles (which are thought to have been used for rituals, ceremonies, and celebrations)

今日は、想像もつかないほどの昔に思いを馳せ、時代を感じる日となりました。こんな日もときにはいいね。

We took a step back in time…1500 years. We caught a glimpse of what life once was like. 

ページの先頭へ