くらぶち英語村

週末コース第17回目おっきりこみ作り

更新日:2019年02月25日

週末コース二日目はいよいよおっきりこみ作り!

今日は地域のお母さん方に来ていただいて、おっきりこみの作り方を教えて頂きます。

長年おっきりこみを作り続けてきたお母さん方は、小麦粉の量も水の量も全て目分量。

身体で覚えた知識を、子ども達に伝えてくださいます。

子ども達もお母さん方の説明を一生懸命聞いて学び取ります。

「硬すぎるかな?」「もうちょっと水を足そうか」

真剣な表情でこねていきます。

生地はこねればこねるほど美味しくなるんだそうです。

ちょっと大変だけど、チームで頑張って順番にこねていきます。

生地がこねおわったら、次は麺棒で生地を薄く均等に伸ばしていきます。

ところでKaは後ろにのけぞって何してるの???

ある程度広がったら、今度は麺棒に生地を巻きつけて、手で伸ばしながら引っ張るという独特なやり方になります。

慣れないと難しいけど、できるようになると生地があっという間に広がります。

お母さんのお手本をしっかり見て覚えてね!

伸びた~!

続いては生地を切っていきます。

麺の幅が広いのがおっきりこみの特徴。

広めに手際よく切っていきます。

麺を作っている間に、こちらでは外でスープ用の火を起こしています。

おっきりこみはうどんとは違い、麺を茹でることはしません。

そのままスープの中に入れて、とろとろになるまで煮込みます。

しばらく煮込むと何とも言えない良いにおいがしてきました。

「お腹減った~」「すこし味見したいな~」と子ども達。

完成しました!

お母さんが持ってきてくださった酢の物とお豆も一緒にいただきます!

寒い中食べるあったかいおっきりこみは最高!

頑張った分、さらに美味しく感じます。

みんなどんどんおかわりしていき、大量にあったはずのおっきりこみはあっというまに終わってしまいました。

おいしかったね!

2日間、おっきりこみを知るのも作るのも食べるのも全力で楽しんだ子ども達。

お母さんたちともすっかり仲良くなりました。

またぜひ倉渕に遊びに来てね!

 

 

 

ページの先頭へ