くらぶち英語村

週末コース第13回 火を起こして、お餅を焼こう!

更新日:2019年01月20日

Good morning!!

週末コース第13回の朝、晴れた空に大きなやまびこ挨拶が響き渡ります。

今日は火起こしをチームで協力してやります。枯れ枝や薪を集めるところから初めて、お昼のお餅を焼く準備をします。使えるマッチはたったの5本。今日も楽しい1日にしよう!

朝食のメニューはご飯と味噌汁、メインは鮭の塩焼きです。その他おかずにはほうれん草のお浸し、煮物、デザートはバナナでした。仲良くお話ししながら食べるご飯は美味しいね。

お皿洗いも協力してできました。お皿洗いの後に床ふきも手伝ってくれる子どもたちもいました。くらぶち英語村はみんなが生活をするところ。綺麗に掃除すると気持ち良く過ごせるよ!

さあ、いよいよ待ちに待った活動の時間です。英語村の外へ出て、散策をしながらお昼に使う薪を集めるぞ!!We can do it!!!

早速、近くの森の中へ入って枝や枯れ葉集めを開始します。周りに落ちている茶色の枝葉は乾いていて良く燃えるよ!どんどん袋やバケツに入れていこう。火起こしには沢山の薪が必要です。

 

いたるところから「大きい枝があったよ~!!」、「この枝は折って持って帰ろう!」いきいきした子どもたちの声が聞こえてきます。とっても楽しそうな様子です。

わ~~~~!

凄いいっぱい!!これだけあれば良い火起こしができるぞ!!

1時間ほど、みんなで薪を集めた後はそれぞれ好きなところへハイキングに出かけていました。くらぶちには細くて狭い道や、昔使われていた旧道があります。そういったところを歩くもの楽しみのひとつです。お昼も近づいてきて、いよいよ火起こしスタートです。昨日ネイティブに教わったことを思い出して、火を作ってみよう!Let`s try!!!

どこのチームもやる気満々です!!外は風花が舞っています。

どこのチームも上手く火を点けられたようです。火ってとても暖かいね、と言いながら暖をとっています。普段焚火をすることはないので、子ども達は火のゆらめきに興味深々です。

そして、いよいよお餅を焼く時間です。けんちん汁と一緒にお餅を食べます。しょうゆだれにたっぷり漬けたお餅をこんがり焼くと香ばしい良い匂いがしてきました。う~~ん、良い匂い。火起こしはどのチームも上手くいったようです。

自分たちで作ったお餅は格別においしいね!

焚火は家の家電製品より温度が高く、遠赤外線で良く温まるのでとても美味しく感じられます。

 

今回の週末活動は、日本の文化である餅つきを体験しました。お餅をつくことでみんなの気持ちをひとつにする、そんな意味が込められていることを学びました。日本の文化はもちろん、外国のことも体験の中で学ぶことができる英語村。また、みんなと遊ぶのを楽しみにしているよ!

We had so much fun!!!

 

ページの先頭へ