くらぶち英語村

菅沼、尾瀬へ

更新日:2018年09月17日

9月15日 吹き割の滝

“Wow!! What is that?” とぽかんと口を開けるほど、大きくて長い滝。

高さ7メートル、幅30メートルもある滝は、大迫力です。

先へ進むと、大きな岩が。”Can you see?” と想像力を膨らませます。

“What is this? “ と、甌穴などにも興味津々の子ども達でした。

 

吹割の滝へ行った後は、菅沼キャンプ場へ。

キャンプ場に着くと、早速リアカーで荷物を運んでくれました! Thank you!

その後は、夕食のカレー作り。早速、チームに分かれて火起こし。

さあ、火がつくかな?

火起こしをする子、お米を研ぐ子、カレーの野菜やデザート切りをする子など、それぞれが力を合わせます。

1学期に何度かキャンプ活動をしたこともあり、皆火起こしが大分早くなりました!Good job!

夕食は、美味しいカレーに、デザートのカボチャやりんご、スイカなどを堪能しました。

次の日は・・・・

9月16日 朝早くから準備を済ませ、いよいよ尾瀬へ出発! Are you exciting? 尾瀬はどんなところかな?わくわくするね。

Let’s go!

木道をひたすら進むと、

その先には、一面に湿原、

そして、山々に囲まれた大自然が広がっていました。

雨が降ったりやんだりの繰り返しでしたが、「気持ちいい!」「楽しい!」とハイキングを楽しむ声も聞かれました。

いつまでも続くように思える湿原を眺めながら、先へどんどん進みます。

“I’m hungry” “I’m tired!” と疲れ気味の声が増えてきたころ、牛首分岐点を発見!

ここで、お昼ごはんをいただきました。

やはり、新鮮な空気とともに食べるご飯は美味しい!

さて、お弁当を食べたら、入り口まで戻ろう!

 

入り口に近づいたころ、”Help me!” “Water,please!”との声が聞こえましたが、

“Are you okay?” “You can do it!”などと、お互い励まし合いながら、約11kmの道のりを歩ききりました!We did it!

帰りは、のんびりと温泉に入り、ゆっくり一服してから英語村に戻りました。

吹割の滝や国立公園の尾瀬ヶ原など、子ども達にとって、自然の偉大さを間近に感じた2日間となったと思います。

 

三連休最後の月曜日は、タイプレゼンテーションの準備。Keep going!

 

 

 

ページの先頭へ