くらぶち英語村

短期活動11日目 「あと1ヶ月倉渕にいたい!」

更新日:2018年08月27日

短期コースB、いよいよ最後の日となりました。今日は雲ひとつない青空。
今日のあいさつは、これまでの全ての思いを声にのせて、グッドモーニング!

ネイチャートークではMichaelが熊のお話をしてくれました。群馬にはいったい何匹くらいの熊がいるんだろう?カナダの熊は?

今日はまず荷物の整理をします。たくさんの洗濯物、作品、キャンプ道具、全部大きなリュックにつめよう。

朝ごはんでは、「みんなで食べる最後の朝ごはんだよ…」。今日は何でも「最後」ということばがつきます。

最後のお皿洗いもしっかり!この後はみんなでビッグクリーニングをして、トマトの収穫体験が待っています。さぁ、急ごう!

ビッグクリーニングでは、学習室・トイレ・玄関・ベッドルームをチームに分かれてきれいにしました。みんなで11日間生活した場所。そして、次に使う人のために。心をこめて掃除をしよう。

  

本日は家に帰るというのにスケジュール盛りだくさん。続いては、トマトの収穫体験です。くらぶちはお米と夏野菜がおいしい地域。これまで、英語村の畑で野菜を採ったり、草を抜いたりしましたが、今日は実際に近所でトマトを出荷している農家へ出かけ、「地域の仕事」「農業」「野菜と暮らし」を見させていただきました。まずは、いろんな種類のミニトマトを育てているハウスを案内していただき、トマトを食べさせていただきました。

「実は黄色のほうが赤より甘いよ」「今年は例年以上の暑さで、トマトは早く枯れてしまった」「こんな色のやつがちょうど収穫時!」トマトのおいしい話もたいへんな話を聞かせていただきました。それにしてもこんな甘いトマト食べたことないよ!

  

  

続いては畑を案内していただきました。あれは、サトイモ。あれは、ピーマン。Amelia、この野菜は?

 
サツマイモ?いやいや、それは小豆なんだって。
おじいちゃんから話を聞きます。お肉やお米もおいしいけど、やっぱり野菜が健康に一番。みんな倉渕に来てくれてありがとう。 

 

 

午後は、フェアウェルプレゼンテーションの時間です。昨日から、いろいろ準備を進めてきました。さぁどんな発表が始まるかな?
まずはチーム1。
倉渕を歩いて、アブやとんぼに出会ったこと。倉渕夏祭りの花火を見たこと。榛名富士のハイキングで登るのが大変だったことを、おもしろおかしな寸劇に。みんなが自信を持って英語で話していたのは、もちろん、花火の音や小道具などみんなの工夫とチームの一体感が見える発表でした。

  

続いてチーム3。こちらは少しだけ恥ずかしそうに、でも素敵な劇をしたあと、みんなで参加する選択クイズ!「初日のランチは?」「この虫は英語で何でしょう?」。Aだと思う人はここに、Bはここ、Cはここ、並んでー!みんなが参加すると盛り上がるね。

  

続いてはチーム2。それぞれの一番心に残った思い出を絵にして発表。釣りで魚をとったこと。釣りに行ったけど、釣らずに川で遊んで楽しかったこと。少し長めの英語の文も、練習の成果が出ていました。みんなに伝えることができたね。

  

最後はチーム4。まずはピクチャークイズ。10日目まで活動は絵にしたので、1日目から順に並べてみよう。これがなかなか、みんな当たらず。でも、並べてみると、こんなにいろんな活動したんだぁと改めて実感。そのあとは、一人ひとり自分の描いた絵をクイズで発表しました。

  

そして、もうあっという間にお別れの時間。リーダー、スタッフからみんなへ一言。
It was so fun.
These 11days great job, everyone.
We hope to see you again.

なかには、明日から学校という子も。みんな2学期もがんばろう。また来てね!

ページの先頭へ