くらぶち英語村

短期、Summer course A 始まりました!

更新日:2018年07月28日

短期コース、Summer course A 始まりました。今日から10泊11日間、全国から集まった小学2年生から
中学2年生までの20人の子どもたちが英語での暮らしと自然体験、そして集団生活を体験します。

英語村に到着し、まずはリーダー・スタッフの自己紹介、そして ”Next is your turn!”
みんなでトレインゲームをしながら自己紹介を楽しみました。

 

Today’s activity is making chopsticks.ノコギリやナタを使い、竹を削りやすい大きさにし、ナイフで削りました。
これから11日間自分の作ったお箸で毎日食事をします。削ったばかりの青い竹のお箸、「竹のいい香りがする!」と子どもたち。

 

そして夕方はDaily Choresについて説明がありました。
「ここはリゾートホテルじゃないよ!自分たちの生活はできるだけ自分たちで作ろう!」

ということで、配膳の食後の片付け、部屋とお風呂の掃除、畑の手入れと野菜の収穫、お洗濯4つの仕事を毎日、チームごとに交代で行います。

こちらは畑担当のチーム、今日の夕方は雨が強く野菜の収穫はできなかったね!野菜レポートには、「収穫ゼロ!タイフーン」と記入。
ちょっとがっかりでしたが、これが自然と共に生きるということ。

さぁ、夕食の時間、ダイニングからいい香りが漂ってきました。

早く自分の作ったお箸使いたい!お腹すいた!

 

寝る前に、リーダーから布団の敷き方、シーツの使い方を教わり、絵本の読み聞かせの時間。

子どもたちの会話から、「ねぇ、ここで何やりたい?」「釣りしてみたいな」「川遊びだな」
「もう一回箸作りたい!」。同じメンバーとリーダーで11日間共に過ごす短期コース、
できるだけ子どもたちがやりたいことを形に。そのために相談や協力、考える時間を大切にしていきたいと思います。

朝から晩まで英語に挑戦、思いっきり夏の自然を楽しむ、夏休みだからこそできるくらぶち英語村を体験しよう!

ページの先頭へ