くらぶち英語村

はじめての田んぼ仕事

更新日:2018年05月07日

 

ゴールデンウィーク2日目は、今年度はじめての田んぼ仕事をしました。

これから秋までの間みんなで育てる稲について、お話を聞きます。

「米作りには八十八の行程があるといわれています。米という文字は八十八という数字が組み合わさっています。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タイでの米作りについても話を聞きました。一年に何度も米が作れるんだって!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初めての話にみんな真剣に耳を傾けます。

いざ田んぼへ出発!五分ほどの道のりを歩きます。

今年一年間、地元の方からお借りする英語村の田んぼにつきました!

作業の始まりです。

今日の作業は草引きと堆肥まきです。みんな準備は万端です!

まずは草引きから。がんばってるかな!?

列になって少しずつ進んだ後は、雑草がなくなっています。

春の田んぼは生き物がいっぱい!作業中にもいろんな仲間たちに出会えます。

かえるさんこんにちは~、驚かせてごめんね!

 

大きい草抜けたぜっっっ!!いぇい~

田んぼの草が抜けたら次は堆肥まきです。

堆肥の山を田んぼに均等にまいていきます!

 

堆肥は手で触ってもくさくないね~

「重たいよ~~!」

「がんばれ~」

気合を入れて撒いています。

やっと終わった!

軍手の泥が努力の証です!!

水路で長靴をジャブジャブ洗いましょう。水が冷たい!

使った道具も一つ一つ丁寧に洗います。

みんなよくがんばったね!!

これから訪れる暑い夏、そしてうれしい収穫の秋に向けて、英語村の田んぼは確かな一歩を踏み出しました。

代掻きや田植えがが楽しみです!

汗を流して時間をかけた分、おいしいお米ができるはず。みなさん、よくがんばりました!!

ページの先頭へ